インターネット回線の種類

世界中の人々と情報の交換をできるようにしたインターネット回線は、
大きく2種類に分けることができます。

それは、有線と無線です。有線は金属の線を用いて情報の交換を行ないます。
無線は金属の線を用いないで情報の交換を行ないます。

それぞれにはメリット・デメリットがあり、
現代社会ではインターネットを使用するための媒体に応じて使い分けがされています。
有線でインターネットを行なうためには常に金属の線が必要になるため移動中での使用には不向きです。
自宅や会社など特定の場所のみで使用することになります。

現在主流になっている有線はADSLと光回線とケーブルテレビ、この三つです。
ADSLは既存の電話回線を使用することになります。引き込み工事が不要となるため比較的費用が安くなる特徴を有しています。
光回線は光ファイバーケーブルを使用してインターネットを行ないます。初めての導入時には工事が必要となり、通信速度が速いという特徴があります。
ケーブルテレビはケーブルテレビを見るために敷いた回線をそのまま使用することになります。テレビもインターネットも独自の回線を使用するため、
確実なサービスを常に受けることができます。

無線は、空気中の電波を使用してインターネットを行なうことになります。
そのためケーブルを敷くための工事等の費用は一切不要です。
一箇所にとどまる必要がなく、移動中でのインターネットの使用を可能としています。

現在主流になっている無線はWiMAXと3G、この二つです。WiMAXはインターネット専用の無線です。
3Gはスマートフォン向けの通話用がメインですが、インターネットにも使うことができます。
次世代型として4Gが今後主流になってくるものと期待されています。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ